法灯を継ぐ ー真教上人の生涯とその教えー ⑥

正安3年(1301)10月、伊勢大神宮へ参詣する。外官にて、真教上人の手より金色の光を放つ。続いて内官に参詣する。(『遊行上人縁起絵』第九巻 遊行寺蔵)

伊勢神宮を拝す


正安3年(1301)十月頃、真教上人は時衆とともに北陸の地から伊勢国(現在、三重県)へとお入りになられました。この伊勢国には、天照大神あまてらすおおかみを祀る「伊勢神宮」があり、永らく神々しき景色を保ち信仰の対象となっていました。そこへ真教上人は参拝なされたのです。まず、参拝にあたり、その年の11月には、櫛田(現在、三重県松坂市櫛田)の「赤御堂あかみどう」に逗留されました。その後、真教上人は伊勢神宮の外宮へと向かわれました。その伊勢神宮の神々しい神域には、もろもろの穢れを持ち込むことがはばかられるため、ひとたびは参拝を躊躇されましたが、その一行は制止されるまで進むことを決意したのです。しかし、不思議と外宮では制止されることもなく、鳥居をくぐることができました。

この神域での念仏勧進は前例がなく、神職にある人々は誰一人として賦算を受けることがありませんでした。ちょうどその頃、政所大夫雅見まんどころだゆうまさみという人が参拝し帰ろうとしていた時、真教上人が念仏をすすめているところに遭遇し、その手から金色の光が上下約48センチ、左右54センチほどの大きさに見え、さらに五色の飾りが珠のように連なって動いているのが見えたのです。その不思議な光景を目の当りにした政所大夫雅見は、真教上人の前に臥して合掌し、十念を受けたのでした。このことが契機となり、真教上人から念仏を受ける人々が次々と現れました。

また、禰宜ねぎ定行は夢の中で阿弥陀如来が多くの聖衆を引き連れ、その後には黒衣の僧侶が数人混じっており、外宮の鳥居を通るのを見て驚き、「誰が参拝されましたか」と問うと、それは真教上人であったので、帰依されました。その日、上人は、法楽舎ほうらくしゃに泊まられました。

さて、翌日、真教上人は内宮に参拝されました。二の鳥居で十念を称え下向しようとしたのですが、内宮一の禰宜から結縁のために日中礼讃の法要を所望されました。そのように内宮の神域で法要を行うことは例がなく多くの参詣者は、みな涙を流して信仰したのでした。

その後、真教上人は越前国敦賀(現在、福井県敦賀市)に、そして、近江国(現、滋賀県)へと遊行され、小野大明神が結縁するなど神仏の加護も加わりました。旅を続けるにつれてますます念仏勧進に励まれ、人々の帰依も盛んになりました。

さて、その後の時宗教団と伊勢神宮との関わりは、時宗十二派の霊山派りょうぜんは・国阿派の祖とされる国阿上人の念仏勧進と結びついています。詳しくは『国阿上人伝』(『定本時宗宗典』下巻所収)をご覧下さい。

 

 

 

 

法灯を継ぐ ー真教上人の生涯とその教えー ⑦

正安4年(1302)8月15日、兵庫に着く。一遍上人の御影堂に参詣する。17日より7日の別時念仏を観音堂にて行う。(『遊行上人縁起絵』第十巻 遊行寺蔵)

兵庫観音堂で宗祖の御影みえいを拝す


正安4年(1302)8月15日、真教上人は、北陸や近江を遊行し摂津国兵庫島(現在、兵庫県神戸市兵庫区)へとお着きになられました。

その頃の兵庫島は、砂場と村が重なり合うようにあり、まるで街を並べたように連なっていました。その河と海は、水を満たし波が海から河へと逆流しており、あたかも銭塘江(中国浙江省)の三千の宿を目の前に見るかのようでした。この銭塘江の逸話は、范蠡が五湖の岸に船をつけて宿をとったことであり、真教上人は心の中でそのことを思い出されていました。そして、一行は兵庫観音堂(現在、兵庫県神戸市兵庫区 時宗真光寺)にある一遍上人の御影堂みえいどうへと参拝されました。

真教上人は、御影堂に安置された一遍上人像を拝しながら、懐古の余り、涙でお十念も途切れ途切れになり、同席していた時衆の僧尼を初め、結縁した人々も涙を流しました。

真教上人は、これまで縁に任せて念仏勧進をしてきましたが、奇しくもその年は、一遍上人13回忌の祥当でした。あえてこの年を目指して遊行をしてきたわけでは無く、自然に巡りあったことに、不思議な導きを感じたのでした。そして、その日より観音堂において七日間の別時念仏会を行い、一遍上人の13回忌の法要を勤められました。

このとき、真教上人は、周囲に推されて調声役を久方振りに勤められたのでした。元々真教上人は、一遍上人の在世中から調声役を勤めていましたが、永仁6年(1298)に武蔵国村岡(現在、埼玉県熊谷市付近)で大病を患ったため、それ以後は時衆のなかで勤められていました。

また、法要を勤めながら一遍上人の在世中を懐古した真教上人が、胸に浮かぶ思い出の数々に涙を流されていると、周囲の人々も涙を流し、その涙で袖を濡らすほどでした。

この兵庫観音堂は実に一遍上人終焉の地であり、「他阿弥陀仏、南無阿弥陀仏はうれしきか」と一遍上人が臨終まぢかで真教上人に問われた場所でもあります。一遍上人入滅後に、一遍上人の御像を安置し、できたのがこの御影堂でした。この御影堂を中心に真教上人が道場として建立したのが現在の西月山真光寺と言われています。

*真教上人が大病を患ったことを『縁起絵』第7では、永仁6年としていますが、『縁起絵』第10では正応6年としています。今回は初出の永仁元年で統一しました。

 

 

 

法灯を継ぐ ー真教上人の生涯とその教えー ⑧

嘉元元年(1303)歳末、相模国当麻で、歳末の別時念仏会を修す。群衆、雨のごとく参詣する。『遊行上人縁起絵』第九巻 遊行寺蔵)

当麻道場たいまどうじょう別時念仏をべつじねんぶつ修す


嘉元元年(1303)12月、真教上人は、関東拠点として一遍上人ゆかりの地とされる当麻道場(現在、神奈川県相模原市南区当麻 無量光寺)で歳末別時念仏会を勤めました。この別時念仏会は、一遍上人の代から重要な法要として時衆で勤められ、特に歳末に行われる法要を重要視していました。それは、期間を限定し念仏に集中し年末に罪業ざいごう懺悔さんげ、その上で新年を迎えようとするものです。

真教上人が当麻道場でつとめた別時念仏会の参詣者については、「いつもの事なれば、貴賎雨のごとく参詣し、同俗雲のごとく群集す」と『縁起絵』第十に記しています。いかに真教上人の教化が行き渡っていたかを物語っています。

そして、真教上人は、嘉元2年(1304)1月、遊行の法灯を量阿智得上人に譲り、自身は当麻道場に独住されました。このとき、「全国を遊行し念仏の教えを弘める時衆」と「根本となる道場に独住する時衆」という二大体制が整ったのです。また、真教上人は、三代目となる量阿智得上人に対し、

 

  然れども知識のくらゐになりては、衆生の呼ところの名なれば、

  自今已後は量阿弥陀仏を捨て他阿弥陀仏と号せらるべし。

  この名は一代のみならず、代々みな遊行かたにうけつぐべきなり。

 

と『七条文書しちじょうもんじょ』にはあります。これは、自らの後継として指名した量阿智得上人に他阿弥陀仏を継承すること、さらには代々の遊行上人にこの他阿弥陀仏を継承することまで定められました。このことから真教上人以後、代々の遊行上人は他阿弥陀仏を継承することとなり、現在、七十四代まで継続されています。

文保3年(1319)1月27日、一遍上人の教えを深く弘めその地に根ざさせるために道場を建立し、教化活動を行い時宗教団の礎を築いた真教上人は、当麻道場でその83年のご生涯を静かに閉じたのでした。

さて、現在、毎年2月27日に総本山清浄光寺では、朝時の法要で二祖忌として法要を行い、老僧や修行僧が遊行上人の名代として代参することが慣例になっています。しかしながら昨年、2月27日には、遊行74代他阿真円上人おんみずからを導師として真教上人七百回忌法要が行われました。さらに、本年3月27日には、二祖上人七百年御遠忌記念の一環として、無量光寺で有縁の地法要が行われます。

また、真教上人が入寂される前年、文保2年(1318)にはその姿を彫られており、頭部の内側に年号と南無阿弥陀仏の名号を記しています。現在、神奈川県小田原市国府津蓮台寺に所蔵されている坐像がそれです。指先や手の甲の皺など生前の姿を忠実に表現しているとともに、病気のためか右頬がやや下がるものの、その柔和な表情から真教上人の人柄が偲ばれます。

法灯を継ぐ ー真教上人の生涯とその教えー ⑨

阿弥陀仏と称するに 六字のうちに往生す


真教上人は、一遍上人同様にまとまった著作は現存していません。ただし、その教えは『他阿上人法語』全8巻から知ることができます。この『他阿上人法語』は、真教上人の消息法語や和歌(『大鏡集』と呼ばれていた)を集録編纂したものです。遊行53代他阿尊如上人(1711~1779)の時に岩本成願寺(現在、福井県越前市岩本町)住職其阿玄道(総本山衆領軒在職中に入寂)が印板施財主となり、敦賀西方寺(現在、福井県敦賀市)住職長順が諸本を校合した上で、安永7年(1778)1月に刊行されたものです。

 この『他阿上人法語』に所収されている消息法語とは、地方に建立した道場の坊主(現在の住職)や信者からの質問に答えたものです。そのなかからは、真教上人がどの様に教えを説いていたのかがよくわかります。

さて、一遍上人も真教上人をはじめとして歴代の遊行上人は、分かり易くお念仏の教えを説くために『和讃』を作られています。そもそも『和讃』とは、和語讃歎の略で平易な言葉で仏やその教えを讃える仏教歌謡の主流をなすものです。仏・菩薩の功徳・教法・祖師高僧などの業績やその教えを詩的に表現しています。基本は、七五調で四句を一章とする形式が取られています。また、真教上人には『往生浄土和讃』があり、今では『往生讃』の名称で知られています。

この『往生讃』では、一遍上人の『別願和讃』同様に冒頭部分で

  

  吾等がこのみのはかなさを おもいとくこそうかりけれ

  かれゆくくさにおくつゆの あだなるよりもたのみなし

  いのちをものにたぐふれば あきのすえのによはるなる

  むしのうらあみのこえまで よそのうれいとおもはれず

 

とあり、この世の無常を説いています。そして、輪廻転生を繰り返す凡夫である私たちの悲しみを述べ、救われる教えについて説いています。真教上人は一遍上人の説くお念仏の教えを継承していますが、一遍上人が南無阿弥陀仏の名号を強調しているのに対して、真教上人は阿弥陀仏の本願や信心を強調した上での称名念仏を説いています。その部分には、

 

  他力に帰せざる故にこそ 往生の期もなかりけれ 

  有心は平生なりければ 称念のうちに臨終あり

  しかれば臨終平生は ふたつなしとぞ知られける 

  南無ととなふる一聲は 歸命の一念なりければ 

  阿弥陀仏と称するに 六字のうちに往生す

 

(他力に帰依しないでいるため 往生する時も無いのです。心の働きは平生のものであるから 称念のうちに臨終があり、臨終と平生は一つであると知っているのです。「南無」と称える一声は 帰命の一念であるから「阿弥陀仏」と称えると 六字のうちに往生するのです)

とあります。ここから真教上人のお念仏に対する考えがうかがえます。一遍上人は「南無阿弥陀仏」に臨終と平生との別がなく、ただ今の称名念仏を臨終と考えています。その教えを真教上人は継承しています。つまり、一遍上人の教えを真教上人が受け継ぎ、その教えが綿々と現在まで受け継がれていることがわかります。

 

「絹本著色真教上人像」清浄光寺蔵

法灯を継ぐ ー真教上人の生涯とその教えー ⑩

歌僧としての真教上人


真教上人は、時宗教団の確立者という一面のほかに、和歌の道に通じた歌僧としての一面もありました。真教上人は、一代で秀歌一千四百五十首に及んでいます。その歌の内容は、釈教・述懐を中心とし、花鳥風月に至るまで多彩な題材が詠まれています。真教上人の歌集は、『大鏡集』あるいは『他阿上人歌集』と呼ばれていた様ですが、その後、編集され『他阿上人法語』第8巻に全体の2割にすぎぬ、わずか二七一首が収録されています。

 

  あすよりは たれにとはまし のりのみち 

             ゆふしてかけて やらじとぞおもふ

〔明日よりは、仏法の道を誰に問えばよいのだろうか。(神殿のしめ縄に)木綿四手を下げて神殿に決意を託し、その決意を決して破られないぞと思う。〕     

『縁起絵』第5

 

  をぐるまの わづかに人と めぐりきて

            こゝろをやれば 三(つ)のふるみち

(牛車が僅かな数の供回りを連れてあちこちと行くように私も時衆を連れてあちこち遊行してきました。牛車の車輪が回るように心もまた煩悩によって三界を流転してきましたが、そんな心を離れてみると流浪してきた三界がまるで古い道に見えるようでした。)

 

  いくせにも ながれてきゆる 山かはの

            あはれはかなき おいのなみかな

(山河の流れは幾瀬にも来ては消えますが、それはまるで人生の色々な場面が思い浮かんでは消える様に似ていて、ああ儚い老いの姿の様です。)

『縁起絵』第7

 

  めぐりあふ おなじ日数は 秋ながら

          又みぬ月の くもがくれ哉

  (故一遍上人とめぐりあって共にすごした日数と同じ日数がすでに経過したが、お別れした秋の日のままのようで、雲隠れした月を再び見ることができないように、故一遍上人にもお会いできないものだなぁ。)

『縁起絵』第十

 

これらはみな、真教上人の詠まれた和歌の一部です。

また、真教上人は、当時一流の歌人である京極為兼、冷泉為相、冷泉為守らと和歌を通じて親交もあったようです。延慶3年(1310)、京極為兼が関東下向の折、真教上人と対面し、合点を付けた和歌が三十三首あったと記されています。このことは、真教上人の和歌のすばらしさを物語っています。正和元年(1312)勅撰の『玉葉和歌集』には、他阿真教の和歌が一首「読人しらず」として所収されています。また、藤原長清の撰による『夫木和歌抄』には、一遍上人、真教上人の和歌三十首ほどが所収されています。 

このことから真教上人は、和歌を通じて様々な人々と親交を育み、そして、その先には信仰上の強い関係性がうかがえます。